前へ
次へ

バーベキューでの火おこし方法を紹介します

バーベキューで大切なことは火おこしです。
手際よく火おこしができれば、周囲から尊敬のまなざしで見られること間違いありません。
そのようなバーベキューの火おこしで大切なことは、炭を煙突状に組み上げることです。
何故なら、煙突状の筒の内部で上昇気流が生じ、空気が入り込みやすくなるからです。
熱い空気が送り込まれれば、炭に火が付くようになります。
ところで最も手軽な火おこしとして、新聞紙を使う方法が挙げられます。
用意するものは新聞紙と木炭、それに炭ばさみと軍手があれば大丈夫です。
もちろん火をつけるためのマッチやライターも用意しておきます。
まずは予めねじった新聞紙を井桁状に組むこみ、その周りを囲うように木炭を煙突状に並べます。
このときには小さめの炭を使うことが、効率良く火おこしするためのコツです。
さらに井桁状に組むこんだ新聞紙の中央部に、木炭を1~2個程度置きます。
これで準備は終了で、後はライターなどで新聞紙に火を着けます。
しばらくすれば、炭にも火が回るはずです。

Page Top